読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア旅行記①ヴェネチア到着

 
 
2017年1月、カナダにオーロラを見に行く予定が仕事の都合で難しくなったので、急遽予定を変更し、年末年始をイタリアで過ごすことにしました。
 
今回の旅程は5泊8日。ベネツィアで2泊してから12月30日にローマに移動して3泊、新年をローマで迎える計画です。
 

12/27の夜に関空を出発し、まずはターキッシュエアラインでイスタンブールへ。関空を22:45に出発し、イスタンブールに到着したのは現地時間4:57(日本時間:翌朝11:57)、約13時間の超ロングフライトでした。乗り継ぎ時間は2時間程度でイスタンブールからヴェネチアまでは約2時間、到着したのは現地時間9:16(日本時間:17:16)。ここから長い1日が始まりました。

 

まずは空港から水上バスでホテル近くの駅まで移動。

f:id:totorotabi:20161229054802j:image
f:id:totorotabi:20161229054825j:image
水上バスは一人15ユーロ。
40分の乗船時間は長いかな〜と思いきや、窓から見える景色がすごく綺麗で興奮しながら写真を撮ってる間に気付いたら到着してました。
f:id:totorotabi:20161229054847j:image
f:id:totorotabi:20161229054902j:image
f:id:totorotabi:20161229054938j:image
 
最寄り駅、『Guglie』で船を下りてホテルに向かいます。
 
f:id:totorotabi:20161229055008j:image
f:id:totorotabi:20161229055039j:image
 
ホテルに荷物を預けて、まずは腹ごしらえ。
f:id:totorotabi:20161229055140j:image
 
ふらっと入ったお店は、ご夫婦が切り盛りしてる感じのローカルなお店で、お店は地元のお客さんでいっぱい。旦那さんがどんどんピザを焼いて運んでくれます。
f:id:totorotabi:20161229055328j:image
 
テーブルにはイタリアっぽいオリーブオイルとかが置いてあって、
パンと大量のチーズが運ばれてきました。
 f:id:totorotabi:20170107120533j:image
f:id:totorotabi:20170107120553j:image
 
私達はマルゲリータとミートラザニアを注文。
これを食べるだけで『イタリアに来たな~』と実感できます。
f:id:totorotabi:20161229055350j:image
f:id:totorotabi:20161229055433j:image
 
美味しい朝食?昼食?に満足した後は、少し散策をしてからホテルへ。
水の都、ヴェネツィアの街並みは、昔ながらの建物が多いのですが『古い』というより『歴史を重ねている』雰囲気ですごく素敵でした。
 f:id:totorotabi:20170107120635j:image
f:id:totorotabi:20170107120725j:image
f:id:totorotabi:20170107120747j:image
 
街歩きをしていると、壁の修理をしている現場に遭遇。職人さんが船に乗って修理をしているのがヴェネツィアならではだと感じました。
f:id:totorotabi:20170107120806j:image
 
ホテルはこじんまりしたお部屋ですがお掃除が行き届いていて清潔感があり、過ごしやすい空間でした。チェックインして荷物を置き、またすぐにヴェネツィア散策へ。
 f:id:totorotabi:20170107125836j:image
f:id:totorotabi:20170107125953j:image
f:id:totorotabi:20170107130023j:image
 
夕暮れのヴェネツィア 

f:id:totorotabi:20170107120828j:plain

f:id:totorotabi:20170107120858j:image
f:id:totorotabi:20170107130105j:image
 
 
鳩と戯れてみたり
f:id:totorotabi:20170107120945j:image
f:id:totorotabi:20170107121015j:image
 
夜景を楽しんでみたり
 f:id:totorotabi:20170107121045j:image
f:id:totorotabi:20170107121108j:image
f:id:totorotabi:20170107121132j:image
 
現地のスーパー、COOPさんに行ってみたり
f:id:totorotabi:20170107121159j:image
 到着初日からかなり充実した一日を過ごしました。
 
 
晩御飯は、歩いている途中で『ここ、なんか良さそうじゃない?』と見つけたお店でパスタを注文。
f:id:totorotabi:20170107121223j:image
f:id:totorotabi:20170107121247j:image
f:id:totorotabi:20170107121306j:image
f:id:totorotabi:20170107121327j:image
 
パスタを2皿注文したのですが、かなり大盛りで食べきることができませんでした…。私は大量に乗っていたポルチーニ茸だけを完食(笑)贅沢なパスタでした。
f:id:totorotabi:20170107121348j:image
 
翌日、ヴェネツィア2日目は美術館巡り&街歩きを堪能します…

リッツカールトン大阪②お誕生日当日~イタリアンビュッフェ

 
お誕生日のお祝いに連れて行ってもらったリッツカールトン
 
深夜、日付けが変わりお誕生日当日になった瞬間に、ルームサービスでバースデーケーキ&花束が届き、真夜中のお祝いがスタート!
f:id:totorotabi:20170107092608j:image
f:id:totorotabi:20170107092744j:image
 
願い事を唱えながらロウソクを消し、綺麗な夜景を眺めながらケーキを食べました。

f:id:totorotabi:20170107092708j:plain

 
 
ホテルから『お誕生日のお祝いに』と、旬のフルーツ・柿とチョコをプレゼントして頂きました。
f:id:totorotabi:20170107092816j:image
f:id:totorotabi:20170107092849j:image
 
翌朝。少しゆっくり起きて朝の景色を楽しみながらゆっくりまったりお出かけ準備。
 
11時にチエックアウトして、そのままロビー横にあるイタリアンレストラン、スプレンディード(Splendido)へ。11時半に予約してくれていたのですが、少し早めに行ってもすぐに席に案内してくださいました。
f:id:totorotabi:20170107093021j:image
モルディブとかリゾートのビュッフェ同様、ついつい食べ過ぎちゃうから気をつけなきゃね〜とか言いながら、今回もいっぱい食べちゃいました。
 
2回戦のパスタとお肉。
パスタステーションでは、その場で選んだパスタを調理していただきます。
f:id:totorotabi:20170107093043j:image
f:id:totorotabi:20170107093105j:image
 
3回戦…やっぱりサーモンははずせません!
f:id:totorotabi:20170107093127j:image
 
デザートビュッフェもすごく充実してました!
 
まずは、全てのケーキをチェック。
私達は早めのランチスタートだったので、まだ誰もケーキに到達してなくて(笑)
綺麗に写真におさめることができました。
f:id:totorotabi:20170107093248j:image
f:id:totorotabi:20170107093309j:image
f:id:totorotabi:20170107093332j:image
f:id:totorotabi:20170107093349j:image
f:id:totorotabi:20170107093406j:image
f:id:totorotabi:20170107093422j:image
f:id:totorotabi:20170107093446j:image
f:id:totorotabi:20170107093501j:image
f:id:totorotabi:20170107093521j:image
f:id:totorotabi:20170107093543j:image
 
たくさんの美味しそうなケーキに興奮しまくりましたが、ランチですでにお腹がいっぱいになっていたので、お皿に取ったのは意外に控えめなラインナップ。f:id:totorotabi:20170107093144j:plain

f:id:totorotabi:20170107093221j:plain

 
デザートタイムに突入したので、珈琲&紅茶をお願いすると、またまたお誕生日&記念日お祝いのプレートが登場!
f:id:totorotabi:20170107093611j:image
今年のお誕生日3回目のロウソク消しをしながら願い事を唱えて、幸せ気分で美味しいフルーツをいただきました。
 
ひたすら食べてばっかりのお誕生日@リッツカールトンは、全てのお料理が最高に美味しくて幸せいっぱいのお誕生日になりました。
 
 
 

リッツカールトン大阪①お誕生日前夜~フレンチディナー

11月末、リッツカールトン大阪でお誕生日をお祝いしてもらいました。

f:id:totorotabi:20170107090449j:image
 
15時過ぎにチェックインしてお部屋へ。
まずは一通りお部屋をチェックしました。
f:id:totorotabi:20170107090548j:image
 
f:id:totorotabi:20170107090609j:image
f:id:totorotabi:20170107090654j:image
f:id:totorotabi:20170107090633j:image
f:id:totorotabi:20170107090729j:image
f:id:totorotabi:20170107092245j:image
 
すぐ隣りで結婚披露宴をされていると説明を受けてお部屋に入ったのですが、まずはロビーに降りようとお部屋を出ると、ちょうど披露宴会場に入るために控え室から出てきた花嫁さんの後ろ姿を見て幸せ気分をお裾分けしてもらいました。
 
11月末に行くと、ホテル全体がクリスマスカラーに彩られていて、一気にクリスマスの世界に引き込まれてしまいます。まずは1階のロビーに降りてクリスマスツリーやお店をチェック。
 
f:id:totorotabi:20170107091009j:image
 
f:id:totorotabi:20170107090920j:image

f:id:totorotabi:20170107090854j:plain

f:id:totorotabi:20170107090941j:image
 
実はお誕生日前日にも関わらず少し風邪っぽかったので、旦那さんにも『安静にしときなさい』と言われ、晩御飯がスタートする18:30まではいったんお部屋に戻り、少しお菓子を食べたりお昼寝したり…とまったり過ごしました。まさかのリッツカールトンのベッドで寝込むなんて(笑) 我ながらビックリですが、お布団はフカフカで気持ちよくゆったり過ごせました。
 
36階から5階におりて、フレンチレストランに向かう途中にも綺麗なクリスマスツリーが飾られていて、クリスマス気分を盛り上げてくれます。
f:id:totorotabi:20170107091059j:image
 
フレンチレストラン、『 ラ・ベ(La Baie)』のコースは、どれも美しくて美味しくて、見た目も味も楽しめるお料理のオンパレードでした。
f:id:totorotabi:20170107091132j:image
f:id:totorotabi:20170107091209j:image
f:id:totorotabi:20170107091232j:image
 
バター・お塩&パンだって、こんなにお洒落
f:id:totorotabi:20170107091258j:image
f:id:totorotabi:20170107091326j:image
 
 
f:id:totorotabi:20170107091352j:image
 
コンソメカナールと松茸 フォワグラドカナールポワレとコンテ 軽く割ったクルミのグリエ
f:id:totorotabi:20170107091440j:image
 
ノドグロのロティ ユリネと椎茸 香ばしく焼いたアラのジュ ヴァンジョーヌ風味 木の芽
f:id:totorotabi:20170107091505j:image
 
和牛フィレ肉ロティ コーヒーバター風味
サトイモの秋トリュフ風味 セップ茸のコンフィーとゴボウ
f:id:totorotabi:20170107091532j:image
 
アヴァンデセール
フレッシュブドウとサングリアソルベ フロマージュフレのムース クランブル
f:id:totorotabi:20170107091603j:image
 
デザートはクレープのフランベ。
目の前で調理してもらう姿に釘付けになりました!
f:id:totorotabi:20170113075150j:image
f:id:totorotabi:20170107091722j:image
 
今回はお誕生日のお祝い&結婚祝いで予約をしてくれていたので、デザートプレートはかなり豪華に仕上げてくださり、サプライズ感満載でした!
f:id:totorotabi:20170107091936j:image
 
ミルクティーとお茶菓子も、素敵。
f:id:totorotabi:20170107091859j:image

f:id:totorotabi:20170107091828j:plain

 

食後には、メニューカード&メッセージ、お土産をいただきました。

リッツカールトンは、こういうさりげない『おもてなし』が本当に素敵で感動します。

f:id:totorotabi:20170107092023j:image
f:id:totorotabi:20170107092051j:image
 
いただいたお土産は、こんなに可愛いエッフェル塔チョコでした。
f:id:totorotabi:20170107092128j:image
 
今回宿泊したのは36階の角部屋で、スカイビューのお部屋。
大阪・梅田の夜景が本当に綺麗でした。
f:id:totorotabi:20170107092442j:image
f:id:totorotabi:20170107092513j:image

出雲旅行記②須佐神社&足立美術館

出雲2日目。翌朝は須佐神社へ。

f:id:totorotabi:20170107085536j:plain

出雲大社周辺には沢山の寺社仏閣・パワースポットがあって、『寺社巡り』やモデルコースがWeb上に掲載されているのですが、その中でも気になっていきたくなったのが須佐神社
 
風土記』や『延喜式』にも確認できる1861年建築の歴史ある古社で、『日本一のパワースポット』としてTVや雑誌でも紹介されている須佐神社。興味はあるけど山奥にあるから、どうやって行こうか…と考えていたところ、旅館の社長さんが車を手配してくださったので、旅館の車で須佐神社まで送って頂きました。
 
朝の須佐神社は厳かな雰囲気で、とても神聖な場所だと肌で感じました。
f:id:totorotabi:20170107084818j:image
f:id:totorotabi:20170107084846j:image
f:id:totorotabi:20170107084915j:image
f:id:totorotabi:20170107084945j:image
 
まずは参拝して、本殿の裏にある御神木へ。

f:id:totorotabi:20170107085616j:plain

f:id:totorotabi:20170107085205j:image
 
日本一のパワースポットと言われる須佐神社の御神木は、観光客が増えすぎて柵で囲われているので、根っこを撫でてご利益がある事を願います。
f:id:totorotabi:20170107085028j:image
f:id:totorotabi:20170107085251j:image
『御神木の根っこを撫でるんですよ〜』と旅館の社長さんが出る時に教えてくれてなかったら、100%スルーしてたと思います…。
 
そして、前日に買ったばかりの御朱印帳を手に、御朱印をもらいに行きました。
f:id:totorotabi:20170107085331j:image
 
久しぶりにおみくじを引いたら…小吉
f:id:totorotabi:20170107085411j:image
…これを眺めていると、駐車場で待ってくれていた運転手さんが、『バスに間に合わなくなるから急いで〜』と声をかけに来てくれました。
 
大急ぎで御神木の柵におみくじを結び、旅館に戻ることに。
f:id:totorotabi:20170107085506j:image
 
車窓から見える風景はのどかで、癒されました。

f:id:totorotabi:20170107104903j:plain

結局、予定してたバスに乗らなくても『旅館のお姉さんが出雲駅まで送っていきますから〜』と社長さんが声を掛けて下さったので、お言葉に甘えて駅まで送って頂きました。
 
出雲からは特急やくもで安来駅へ。
f:id:totorotabi:20170107085643j:image
 f:id:totorotabi:20170107104530j:image
道中、宍道湖を眺めながらウトウトしてたらあっという間に到着。
実は特急に乗らなくても同じくらいの時間に足立美術館に到着できそうだったのですが、せっかく特急に乗って少し早めに駅に到着したので、お昼ご飯に海鮮ちらしを食べることにしました。
f:id:totorotabi:20170107085709j:image
 
その後、シャトルバスに乗って足立美術館へ。
足立美術館では、童画の世界を堪能。横山大観の紅葉の絵画や魯山人の陶芸なども観ることができました。ちょうど、足立美術館では頂上決戦をしていたので、しっかりと投票もしてきました。
f:id:totorotabi:20170107085801j:image
 
足立美術館と言えば、日本一と名高い日本庭園。
あまりに緑が綺麗で、ついつい写真を撮りすぎてしまいます。

f:id:totorotabi:20170107090335j:plain

f:id:totorotabi:20170107085825j:image
f:id:totorotabi:20170107085846j:image
f:id:totorotabi:20170107085909j:image
f:id:totorotabi:20170107085950j:image
 
とうとう、『the 足立美術館!!』という景色にたどり着きました。
f:id:totorotabi:20170107090025j:image
f:id:totorotabi:20170107090112j:image
f:id:totorotabi:20170107090243j:image
f:id:totorotabi:20170107090302j:image
最後に梨ソフトクリームを食べて、シャトル安来駅に戻りました。
f:id:totorotabi:20170107104648j:image
 
松江に向かう電車まで、少し時間があったので、安来駅で巨峰ケーキを食べて一服。
f:id:totorotabi:20170107104615j:image
f:id:totorotabi:20170107104632j:image
本当に食べてばかり(笑)…ですが、美味しかったです!
 
松江では、出雲空港行きのリムジン出発までに1時間弱も時間があったので、せっかくだから寺社巡り&御朱印をいただきに行くことにしました。
早速調べてみると、松江駅から徒歩圏内に2~3か所神社があったので、売布神社出世稲荷神社を参拝し、最後にお土産だけ買って出雲空港に向いました。
 f:id:totorotabi:20170107104715j:image
f:id:totorotabi:20170107104736j:image
出雲空港から伊丹への最終の便は19:30発。搭乗が早めに完了したらしく、定刻より早めに離陸。どうやら空の旅はわずか37分程度だったようで、20時前に伊丹空港に到着。あっという間のフライトでした。
 
普通の土日を利用して行ってきた出雲旅行。たった一泊二日でしたが、出雲大社、旅館、美術館ではそれぞれの場所をゆっくりと楽しみながら巡ることができました。出雲大社以外、何もプランを立てずに行きましたが、途中で思いついたやりたい事は全部できてとても充実した週末を過ごせました。
 
f:id:totorotabi:20170107104815j:image
 
f:id:totorotabi:20170107105105j:image
 
10月1日、出雲大社新月から始めた御朱印めぐりを、しばらくは楽しもうかなと思います。

出雲旅行記①出雲大社&御朱印帳

 

2015年の年末に伊勢神宮に行ってから、ぜひ参拝したいと思っていた出雲大社に2016年10月1日に行ってきました。

f:id:totorotabi:20170112004644j:image
 
出雲へは伊丹空港7:35の便で出発。今回は小さな飛行機だったので、搭乗ゲートからバスで移動。
f:id:totorotabi:20170101015445j:image
乗り物好き&車輪好きの甥っ子に、ついつい車輪の写真を撮ってしまいます。
f:id:totorotabi:20170101015511j:image
f:id:totorotabi:20170101015539j:image
f:id:totorotabi:20170107084504j:image
 
滑走路が混み合っていたので離陸まで少し時間がかかったけど、飛んだらあっという間に出雲縁結び空港に到着。
 
f:id:totorotabi:20170101015614j:image
 
空港からは出雲大社行きの直行バスに乗りました。道中、ベテランドライバーの島根&出雲案内を聞きつつウトウトしてたら出雲大社に到着。
f:id:totorotabi:20170112004644j:image
 
天気予報はずっと雨だったので心配してましたが、バスを降りたら太陽がちょこちょこ顔を出してくれてお天気に恵まれました。
 
第二の門から参道を歩き、まずは拝殿へ。
f:id:totorotabi:20170107082002j:image
f:id:totorotabi:20170107083929j:image
しめ縄の写真を撮りながら、思っていた程大きくはないな〜とか思っていたら、神楽殿であの有名なしめ縄を発見!
f:id:totorotabi:20170107082124j:image
f:id:totorotabi:20170107083845j:image
やっぱり迫力が違いました。
 
ひと通り出雲大社で参拝し、パワースポットへ。
境内の入り口にある4番目の鳥居を入ってすぐ右手にある銅製『神牛』と『神馬』。
それぞれ、『学力向上』と『子宝・安産のご利益』があると言われているそうです。
 
f:id:totorotabi:20170107082353j:image
f:id:totorotabi:20170107082317j:image
ちなみに第4の門は『お金の巡りが良くなる』と言われているらしいので、頭が良くなるように新牛の頭を撫で、子宝に恵まれるという神馬の鼻を撫で、お金の巡りが良くなると言われる第四の門を触って巡り、一旦出雲大社をあとにしました。
 
ランチは出雲蕎麦と決めていたので、通りがかりに『ここにしよう!』って思った砂屋さんに入ってみました。

f:id:totorotabi:20170107104920j:plain

結果、大正解!お店は2階にあってちょっとこじんまりした感じだけど、可愛いらしいカフェみたいな雰囲気で、おばちゃん達も親切だし、何よりも美味しかったです。
f:id:totorotabi:20170107082438j:image
f:id:totorotabi:20170107082500j:image
 
3種類のお蕎麦にお好みでトッピングし、濃いめの麺汁をまわしかけて食べます。入って食べ始めた頃は一時的に貸切状態だったのに、気付けば満席で行列ができていました。
 
蕎麦屋さんに入る時、お隣にある御朱印帳の専門店もすごく可愛いくて気になっていたので、食後に寄りました。
 
f:id:totorotabi:20170107083254j:image
f:id:totorotabi:20170107083324j:image
 
私、恥ずかしながら御朱印帳の存在をこの時まで知らなかったのですが、バリエーションの多さと可愛いさに惹かれて、散々どれにしようか迷った結果、出雲らしいウサギの御朱印帳を購入。
 
せっかく出雲大社の前で御朱印帳を買ったので、どうせなら出雲大社の御朱印から御朱印帳を始めたいと思って旦那さんにお願いし、出てきたばかりの出雲大社へ戻ることに。門を何回もくぐり、もう一度拝殿と神楽殿でお参りをし、念願の御朱印を頂きました。
f:id:totorotabi:20170107083416j:image
 
神在月に、出雲大社で初めての御朱印をゲットしたことに大満足して旅館へ。
旅館にはかなり早めに到着したので、近くを散歩したり露天風呂に入ったり、ゆっくりまったり過ごしました。
f:id:totorotabi:20170107083601j:image
 
 
 
☆☆ちなみに、御朱印とは…☆☆
本来、参拝者が写経を収めた時に頂く印だったものが、時代の移り変わりと共に、納経しなくても参拝の証としていただけるようになったそうです。

f:id:totorotabi:20170107104947j:plain

f:id:totorotabi:20170107105035j:plain

『御朱印ガール』と呼ばれる方がいるくらい、すごくブームにもなってたんですね。本当に知らなかった…
 
 
 

2016年の旅行歴

約3年半ぶりに海外旅行解禁になった2016年。振り返るとかなりいっぱい旅行に行きました。そのほとんどが、前々からの計画と言うより、瞬間的な思いつきで決まったもの。一緒に旅行してくれた旦那様に感謝です☆

 
f:id:totorotabi:20170107211432j:image
6月 バリ島 ウブド
 
8月 フィリピン セブ島
 

f:id:totorotabi:20170107082124j:plain

11月 リッツカールトン大阪

f:id:totorotabi:20170107090941j:plain

12月 イタリア ヴェネツィア&ローマ
f:id:totorotabi:20170107212229j:image

こうやって見てみると、改めて色々行ったなぁ〜と実感。

 
7月は韓国の友人がオモニ&娘を連れて遊びに来てくれたから、旅行に行ったわけではないけど韓国旅行に行ったような気分を味わえたし、そう考えると今年の後半でイベントがなかったのは9月だけ。
 
6月に『2ヶ月連続で海外旅行に行くならマイルを貯めよう』って思いついてバリに行きながらマイレージを調べ始め、ANAマイレージクラブに入会。8月に『旅行するならブログに記録を残しておこう』と思いついてセブに行きながらブログをスタート。文字に残す事で想い出がより鮮明になるから、ブログはやってみて本当に良かったなって感じています。
 
今日ヴェネツィアから移動して2017年の年明けはローマで迎える予定なので、2017年もいっぱい旅して幸せいっぱいな一年になって欲しいなぁ〜と願っています。
 

モルディブ旅行記(番外編)ビーチリゾートならではの過ごし方10

モルディブ旅行に何度か行くうちに、過ごし方がパターン化してきました。わずか数日の楽園生活を無駄にせず、目一杯楽しむコツをご紹介します。

 
①~⑥は毎日の過ごし方、⑥~⑩は旅行全体のスケジュールを立てる時におさえてておきたいポイントです。
 

①バルコニーから朝日を見る

f:id:totorotabi:20161209080408j:image
モルディブ滞在中は、毎朝少し早めに起きて、バルコニーのソファから海をぼーっと眺めます。朝日が昇るにつれて空の色、海の色が刻々と変化するので、何分見ていても飽きません。日が昇ると日差しがキツくなって日焼け止めを塗りに部屋に戻ったりもしますが、波の音だけが響く朝の時間帯に、ただ海と空だけを眺める時間がとても贅沢で大好きです。
 

②朝ヨガに参加

f:id:totorotabi:20161209081343j:image
ヘレンゲリで一度参加しただけですが、すごく良かったので、次モルディブに行ったら絶対したいのが朝ヨガ。波の音を聞きながら、潮風を感じて、目を開けるとメロンソーダ色の海が見えて…ヨガをするには最高の環境です。日本でもヨガレッスンを受けると『大地のエネルギーを感じて…』とかインストラクターに言われますが、イメージではなくリアルに『大地のエネルギー』『自然のエネルギー』を感じながら体を動かすことができます。
 

③朝食後の散歩

f:id:totorotabi:20161209081412j:image
朝食後は必ず水上コテージに戻りがてら、リゾート内のお散歩を楽しみます。今まで宿泊したリゾートは、島一周を歩いても15分程度のところが多かったので、適度なお散歩距離でした。ビーチを歩いていると、ヤドカリや白鷺に遭遇するし、桟橋からベビーシャークが見えることもあります。朝食後はまだ気温も暑すぎないので、カメラ片手に散歩をしながらリゾート散策を楽しみます。
 

シュノーケリング

f:id:totorotabi:20161209080458j:image
朝食&リゾート散策から帰ってきたら、水着に着替えてバルコニーから海にポチャンと落ちます。私はダイビングライセンスがないのでモルディブでダイビングをした事はありませんが、シュノーケリングセットさえあれば、いつでもコテージ前の海でお魚を見る事が出来るし、リゾート内にはシュノーケリングスポットがだいたいあるので毎日1〜2回はシュノーケリングを満喫します。
 

⑤夕食後の散歩

f:id:totorotabi:20161209080700j:image

 
夕食後はお散歩をして、夜にしか見れないモルディブの景色を楽しみます。桟橋のライトに惹かれて集まってくるマンタを見たり、波打ち際で光るプランクトンの幻想的な光を楽しんだり、プールサイドのビーチチェアに寝転んで夜空を見上げたり。ほとんどのリゾートで、メインダイニングとプール、バーは隣接していることが多いので、バーで流れる音楽をBGMに、ぼーっと星空を眺めるのも夜の楽しみの一つです。タイミングが良ければ天の川や流れ星が見えるので、満天の星空も飽きることなく見続けられる、モルディブの大好きな景色です。
 

⑥バーでビリヤード

f:id:totorotabi:20161209080804j:image
夜になるとバーに人が集まり、お酒を飲んだりビリヤードを楽しんだりします。バーでの時間を楽しむのはアジア系ではなく欧米系の宿泊客が圧倒的に多い気がしますが、たまにドイツ等ヨーロッパから来た方と一緒にビリヤードを楽しんだりするのも『リゾートに来たな』と実感できる瞬間です。
 

⑦気になるエクスカーションに参加

f:id:totorotabi:20161209080832j:image
初めてモルディブに行ったのはハネムーン旅行で『一生に一度のモルディブ旅行』と思っていたので、最初は色々とエクスカーションに参加しました。これまでに参加したのは、無人島ツアー、ドルフィンウォッチング、シュノーケリングツアー、無人島ディナー、サンセットフィッシング…etc
お金はかかりますが、モルディブでしか見れない景色、体験を満喫出来るので、せっかくモルディブまで行くなら、是非楽しんでみてほしいです。ちなみにモルディブは一島一リゾートなので、エクスカーションに参加しない限り、チェックインからチェックアウトまで、ずっと同じ島の中で過ごします。空港との行き来で使うスピードボートとは、違う船に乗って外洋に出れるのも面白いポイントかもしれません。
 

⑧一度はレストランで食事する

f:id:totorotabi:20161209081530j:image
モルディブでは朝晩をメインダイニングで食べる事が多く、毎週ビュッフェで好きな物を好きなだけ食べます。リゾート内には、メインダイニング以外にもフレンチや日本食等、レストランがあるので、滞在中に一度はレストランでコースディナーを楽しみます。メインダイニングの夕食代は、一食分無駄遣いになってしまいますが、モルディブに再訪しても毎回異なる島に泊まるので、そのリゾートを存分に満喫する為にもいつもと違う場所で違うお料理を楽しんでいます。
 

⑨spaは帰国前日の夕方以降に

 
リゾートに行くと、毎回1回はspaでトリートメントを受けるのも旅行の楽しみの一つ。モルディブのspaは桟橋を渡って海の上にspa施設が浮かんでいるところと、リゾート島の中にspa施設があるところの2パターンですが、いずれもアジアンテイストの落ち着いた雰囲気でリラックスした時間を楽しめます。いつもコテージに入るとspaメニューを眺めてどのトリートメントを受けるか考えるのも至福の時間。
ちなみにモルディブは夕方まで日差しがきつく、日焼け止めを手放せないのでspaに行くのは日没以降にしています。エステの直後に日焼け止めを塗りたくるのはちょっともったいない気がするので…。日焼け後のトリートメントメニューも必ずあるので、帰国前日の夜や旅行の後半にspaに行くことが多いです。
 

⑩何もしない日を作る

f:id:totorotabi:20161211224800j:image
エクスカーションの参加やspaはオススメしますが、絶対に必要なのが、一日中何もしない日を作ること。モルディブ旅行は最短4泊6日なので、日本人な私はついつい『4日しかないからアレもコレもやりたい!』と旅先でのスケジュールを入れてしまいたくなるのですが、モルディブの最高の贅沢は、綺麗な海に囲まれて何もしない静かな時間を満喫出来ること。朝起きて海を眺めて、朝食の後はお散歩しながら部屋に戻り、海に入って疲れたらお昼寝。お昼御飯食べて、お腹いっぱいになったらお昼寝。晩御飯食べて、星空を眺めて、お酒を飲んで、眠くなったら寝る…。結局、食べて寝て海を見るだけの生活が、最高にモルディブらしくて最高に贅沢で、幸せな気分にしてくれるのです。
 
あ〜、またモルディブに行きたくなってきました(笑)