読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の休日②伏見稲荷神社でお花見?

東寺でお花見と三色団子を満喫し、京都タワーの麓で和食ランチを堪能した後は、第2の目的地、伏見稲荷へ。

外国人観光客が選ぶ日本の観光地ランキングで1位にも選ばれている伏見稲荷大社は、全国に3万くらいある稲荷神社の総本社。映画SAYURIで世界的に有名になったそうです。

 f:id:totorotabi:20170505204723j:image

なかでも朱色の鳥居が山の頂上に向かって連なる『千本鳥居』は余りにも有名で、その厳かで神秘的な雰囲気に惹かれてしまいます。


JR京都駅から伏見稲荷の入り口、稲荷駅へはJR奈良線奈良行きでわずか2駅、5分。

f:id:totorotabi:20170505204142j:image

電車が動き出したと思ったら、もう到着!

『もう少し電車に座って揺られたかったな』と思っちゃうくらいの早さでした(笑)

平日の14時過ぎに稲荷駅に到着したら、駅も稲荷大社も沢山の観光客でいっぱいでした。

 f:id:totorotabi:20170505203858j:image


稲荷駅の前の道路を渡ったら、そこが伏見稲荷大社の入り口。

まさに『駅直結』レベルでした。

  f:id:totorotabi:20170505203907j:image


私達が行った4月中旬は、まさに京都の桜が満開でお花見シーズン真っ只中。

伏見稲荷の桜にも期待しつつ向かうと、入り口から桜と狐を発見。

 f:id:totorotabi:20170505201325j:image

伏見稲荷を歩き始めると、稲荷大神様のお使いである白狐が、いたるところにいます。

f:id:totorotabi:20170505201350j:image

f:id:totorotabi:20170505201408j:image

f:id:totorotabi:20170505201422j:image


入り口で少し桜の花を眺めてから、いよいよ朱色の鳥居をくぐり始めます。

f:id:totorotabi:20170505201439j:image

f:id:totorotabi:20170505201459j:image

f:id:totorotabi:20170505203930j:image

たまに白狐に見守られながら…

f:id:totorotabi:20170505201545j:image

何処までも続く鳥居

f:id:totorotabi:20170505201603j:image

何処までもどこまでも…

f:id:totorotabi:20170505201619j:image

階段を登っても…

f:id:totorotabi:20170505201634j:image

まだまだ朱色の鳥居…

f:id:totorotabi:20170505201651j:image


今日のそもそもの目的は京都の桜。

『桜まだかな〜』と言いながら登るけど、全然桜が現れる気配がなく、

登り道の合間にある茶店のおばちゃんに聞いてみても

『桜が咲いてるかなんか分からんわ〜これより上におばちゃんら登ることないから』と言われ、

とうとう下山者からヒアリング(笑)


『少し先に花が咲いてるよ』と言われた言葉の通り、

山の中腹でお目当て(?)の景色に辿り着くことができたので、Uターンして下山することにしました。

f:id:totorotabi:20170505201721j:image


帰り道、下山途中で見つけたお店で木製のスプーンを購入。

こういうの、おじちゃんから一生懸命説明されちゃうと、ついつい買ってしまうのです…

 f:id:totorotabi:20170505205134j:image

f:id:totorotabi:20170505205150j:image


稲荷駅に戻ったら夕方の16:30。

それでもまだまだ観光客がいました。

f:id:totorotabi:20170505205205j:image


駅のホームに入ると、横を流れる川沿いに満開の桜が見えました。

f:id:totorotabi:20170505205247j:image


ちょっとカメラをひいてみると…

f:id:totorotabi:20170505205315j:image


朱色の柵!!!

やっぱり伏見稲荷カラーに統一したのでしょうか。


ただただ事前のリサーチ不足ではありますが(笑)

どうやら伏見稲荷は桜の名所ではなかったようです…


私たちは山頂まで登らず途中で断念したのですが、最初と最後には桜も満喫出来たし、

何より千本鳥居の幻想的な雰囲気を味わえて、マイナスイオン溢れる山道歩きに

心も洗われた気分でリフレッシュ出来たし、大満足の京都の休日でした。