読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブ旅行記(番外編)ビーチリゾートならではの過ごし方10

モルディブ旅行に何度か行くうちに、過ごし方がパターン化してきました。わずか数日の楽園生活を無駄にせず、目一杯楽しむコツをご紹介します。

 
①~⑥は毎日の過ごし方、⑥~⑩は旅行全体のスケジュールを立てる時におさえてておきたいポイントです。
 

①バルコニーから朝日を見る

f:id:totorotabi:20161209080408j:image
モルディブ滞在中は、毎朝少し早めに起きて、バルコニーのソファから海をぼーっと眺めます。朝日が昇るにつれて空の色、海の色が刻々と変化するので、何分見ていても飽きません。日が昇ると日差しがキツくなって日焼け止めを塗りに部屋に戻ったりもしますが、波の音だけが響く朝の時間帯に、ただ海と空だけを眺める時間がとても贅沢で大好きです。
 

②朝ヨガに参加

f:id:totorotabi:20161209081343j:image
ヘレンゲリで一度参加しただけですが、すごく良かったので、次モルディブに行ったら絶対したいのが朝ヨガ。波の音を聞きながら、潮風を感じて、目を開けるとメロンソーダ色の海が見えて…ヨガをするには最高の環境です。日本でもヨガレッスンを受けると『大地のエネルギーを感じて…』とかインストラクターに言われますが、イメージではなくリアルに『大地のエネルギー』『自然のエネルギー』を感じながら体を動かすことができます。
 

③朝食後の散歩

f:id:totorotabi:20161209081412j:image
朝食後は必ず水上コテージに戻りがてら、リゾート内のお散歩を楽しみます。今まで宿泊したリゾートは、島一周を歩いても15分程度のところが多かったので、適度なお散歩距離でした。ビーチを歩いていると、ヤドカリや白鷺に遭遇するし、桟橋からベビーシャークが見えることもあります。朝食後はまだ気温も暑すぎないので、カメラ片手に散歩をしながらリゾート散策を楽しみます。
 

シュノーケリング

f:id:totorotabi:20161209080458j:image
朝食&リゾート散策から帰ってきたら、水着に着替えてバルコニーから海にポチャンと落ちます。私はダイビングライセンスがないのでモルディブでダイビングをした事はありませんが、シュノーケリングセットさえあれば、いつでもコテージ前の海でお魚を見る事が出来るし、リゾート内にはシュノーケリングスポットがだいたいあるので毎日1〜2回はシュノーケリングを満喫します。
 

⑤夕食後の散歩

f:id:totorotabi:20161209080700j:image

 
夕食後はお散歩をして、夜にしか見れないモルディブの景色を楽しみます。桟橋のライトに惹かれて集まってくるマンタを見たり、波打ち際で光るプランクトンの幻想的な光を楽しんだり、プールサイドのビーチチェアに寝転んで夜空を見上げたり。ほとんどのリゾートで、メインダイニングとプール、バーは隣接していることが多いので、バーで流れる音楽をBGMに、ぼーっと星空を眺めるのも夜の楽しみの一つです。タイミングが良ければ天の川や流れ星が見えるので、満天の星空も飽きることなく見続けられる、モルディブの大好きな景色です。
 

⑥バーでビリヤード

f:id:totorotabi:20161209080804j:image
夜になるとバーに人が集まり、お酒を飲んだりビリヤードを楽しんだりします。バーでの時間を楽しむのはアジア系ではなく欧米系の宿泊客が圧倒的に多い気がしますが、たまにドイツ等ヨーロッパから来た方と一緒にビリヤードを楽しんだりするのも『リゾートに来たな』と実感できる瞬間です。
 

⑦気になるエクスカーションに参加

f:id:totorotabi:20161209080832j:image
初めてモルディブに行ったのはハネムーン旅行で『一生に一度のモルディブ旅行』と思っていたので、最初は色々とエクスカーションに参加しました。これまでに参加したのは、無人島ツアー、ドルフィンウォッチング、シュノーケリングツアー、無人島ディナー、サンセットフィッシング…etc
お金はかかりますが、モルディブでしか見れない景色、体験を満喫出来るので、せっかくモルディブまで行くなら、是非楽しんでみてほしいです。ちなみにモルディブは一島一リゾートなので、エクスカーションに参加しない限り、チェックインからチェックアウトまで、ずっと同じ島の中で過ごします。空港との行き来で使うスピードボートとは、違う船に乗って外洋に出れるのも面白いポイントかもしれません。
 

⑧一度はレストランで食事する

f:id:totorotabi:20161209081530j:image
モルディブでは朝晩をメインダイニングで食べる事が多く、毎週ビュッフェで好きな物を好きなだけ食べます。リゾート内には、メインダイニング以外にもフレンチや日本食等、レストランがあるので、滞在中に一度はレストランでコースディナーを楽しみます。メインダイニングの夕食代は、一食分無駄遣いになってしまいますが、モルディブに再訪しても毎回異なる島に泊まるので、そのリゾートを存分に満喫する為にもいつもと違う場所で違うお料理を楽しんでいます。
 

⑨spaは帰国前日の夕方以降に

 
リゾートに行くと、毎回1回はspaでトリートメントを受けるのも旅行の楽しみの一つ。モルディブのspaは桟橋を渡って海の上にspa施設が浮かんでいるところと、リゾート島の中にspa施設があるところの2パターンですが、いずれもアジアンテイストの落ち着いた雰囲気でリラックスした時間を楽しめます。いつもコテージに入るとspaメニューを眺めてどのトリートメントを受けるか考えるのも至福の時間。
ちなみにモルディブは夕方まで日差しがきつく、日焼け止めを手放せないのでspaに行くのは日没以降にしています。エステの直後に日焼け止めを塗りたくるのはちょっともったいない気がするので…。日焼け後のトリートメントメニューも必ずあるので、帰国前日の夜や旅行の後半にspaに行くことが多いです。
 

⑩何もしない日を作る

f:id:totorotabi:20161211224800j:image
エクスカーションの参加やspaはオススメしますが、絶対に必要なのが、一日中何もしない日を作ること。モルディブ旅行は最短4泊6日なので、日本人な私はついつい『4日しかないからアレもコレもやりたい!』と旅先でのスケジュールを入れてしまいたくなるのですが、モルディブの最高の贅沢は、綺麗な海に囲まれて何もしない静かな時間を満喫出来ること。朝起きて海を眺めて、朝食の後はお散歩しながら部屋に戻り、海に入って疲れたらお昼寝。お昼御飯食べて、お腹いっぱいになったらお昼寝。晩御飯食べて、星空を眺めて、お酒を飲んで、眠くなったら寝る…。結局、食べて寝て海を見るだけの生活が、最高にモルディブらしくて最高に贅沢で、幸せな気分にしてくれるのです。
 
あ〜、またモルディブに行きたくなってきました(笑)