読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブ旅行記①Adaaran Select Hudhuran Fushi

2008年、新婚旅行で初めて行ったモルディブ旅行。

とにかく初めてのアイランドリゾートで、何も分からずとりあえず行ってみたのですが、想像を超える海の綺麗さと、リゾート感に感動し、すっかりモルディブの虜になってしまいました。
f:id:totorotabi:20160927003154j:image
  

そもそもモルディブって?

 
モルディブは約1200もの島が集まってできた、正式名称『モルディブ共和国』。
『1島1リゾート』なので、1つの島が、まるごと1つのホテルになってます。島はわずか15分程度で歩いて一周できるところが多く、島の中にはレストランやスパ、お土産屋さん、ジム、プール、テニスコート、ダイビングセンター…etc、設備が充実しているので、島から一歩も出なくてもリゾートライフを十分満喫できます。
 
宿泊するのは、一般的に水上コテージと陸地のコテージに分かれていています。私たちは、お部屋のバルコニーから階段を下りて直接海に入ることができる水上コテージばかりを選んで宿泊してきました。常にお部屋からモルディブの綺麗な海が眺められるので、気温が高くて外に出られない日中も、涼しい部屋の中から海を眺めながらフルーツを食べたり、お昼寝をしたり…と楽しむことができます。
 
ドルフィンツアーや、サンセットクルーズ等、エクスカーションと言われるアクティビティも数多くあり(基本的には追加料金が発生します)、リゾートを出てモルディブの海や無人島でのBBQ等を堪能することも可能です。
リゾート内は、ルームNo.を伝えるだけで食事やすべてのサービスを受けることができ、チェックアウトの際にまとめて精算をします。(通貨は米ドル)
 

渡航

 
初めてのモルディブは、シンガポール航空で行きました。関空からモルディブが、約7時間、シンガポールチャンギ空港で乗り換えて、モルディブのマーレまでが約4.5~5時間です。
 
関空を出て渡航中、いつの間にか爆睡をしていたら、シンガポールに到着する少し前に、CAさんに起こされました。 何かと思ったら…
 f:id:totorotabi:20160926222459j:image
まさかのウェデイングケーキとシャンパンでお祝いしてくださいました!そして、めちゃくちゃ可愛い手書きのカードもいただき、スッピン&寝起きの顔で記念撮影。この時にもらったカードは今でも大切に保管しています。
 
シンガポールで乗り継いで、モルディブ・マーレには夜到着。真っ暗です。
f:id:totorotabi:20160926235742j:image
f:id:totorotabi:20160926222618j:image
 
空港島から宿泊先のリゾートへは、スピードボートで移動します。
f:id:totorotabi:20160926222637j:image
 

リゾート(Adaaran Select Hudhuran Fushi)到着

 
リゾートではレセプションでウェルカムドリンクと簡単な説明を受け、カートに乗って部屋(コテージ)に案内されます。夜に到着するとあたりは真っ暗で、コテージや桟橋もライトに照らされてぼんやりしか見えません。
f:id:totorotabi:20160926222829j:image
 
自分がどんなところに到着したのか、まったく想像もできず、ドキドキしながらお部屋に入ります。
 f:id:totorotabi:20160926222906j:image
f:id:totorotabi:20160927001345j:image
 
コテージの中はモダンな雰囲気で清潔感もあり、ゆとりのある広さ。バスタブもちゃんとあって安心しました。
 

モルディブの朝

一番ワクワクするのは、到着翌日の朝、カーテンを開ける瞬間!すでに一晩過ごした自分の部屋は、どんな場所にあったんだろう…とドキドキしながら、カーテンを開けます。

 

じゃーん!!

(お部屋の窓から見える景色)

f:id:totorotabi:20160926233414j:image 

あまりの海の綺麗さに感動しちゃいます。

 f:id:totorotabi:20160927001919j:image

 

水上コテージの宿泊客は、桟橋を歩いてリゾート島とお部屋を行き来します。

f:id:totorotabi:20160927001438j:image 

リゾート島までの桟橋はけっこう長めで距離があるため、カートでお迎えをお願いして移動することもあります。

 f:id:totorotabi:20160927001609j:image

 

とにかく、どこを切り取っても綺麗!

それがモルディブの魅力です。

 

モルディブの1日

モルディブでは、1日のスケジュールがだいたい決まっています。

 

f:id:totorotabi:20160927002140j:image

モーニングコールで起こしてもらい、レストランで朝食

→島の中を散策・散歩

→部屋に戻って水着に着替え、日焼け止めを塗りまくって、バルコニーから海へ。シュノーケリングをしばらく楽しみます。

 

f:id:totorotabi:20160927002156j:image

 レストランで昼食。

→お部屋に戻って昼寝(日中は暑すぎて島の中を歩く人はほぼいません)

→メインプールで遊ぶ or お部屋のバルコニーから海に入ってシュノーケリング

→お土産屋さんを見にいったりSPAでエステ

 

朝晩のビュッフェしかついていない場合は、お昼ご飯にリゾート内の様々なレストランやカフェを試してみます。エクスカーションに参加すると、ランチつきの場合ります。

f:id:totorotabi:20160927002235j:image

 レストランでディナー

→夜のモルディブを堪能

・プールサイドのビーチチェアで星を眺める

・波打ち際で光るプランクトンを眺める

・桟橋の上からマンタの泳ぎを眺める…etc

 

シュノーケリング

毎日、お部屋の前の海でシュノーケリングを楽しみました。私はダイビングラインセンスもないし、泳ぎもクロールは苦手で平泳ぎ専門…ですが、モルディブは遠浅で、シュノーケルセットとフィンがあれば、沢山のお魚を見ることができます。

f:id:totorotabi:20160927001707j:image

f:id:totorotabi:20160927001725j:image

f:id:totorotabi:20160927001738j:image

 

今まで参加したことはありませんが、ダイビングセンターは必ずどこのリゾートにもあるので、ダイビングに参加すれば、きっともっとたくさんのお魚を見て楽しむことができるんだと思います。

 

ちなみにリゾートでは、陸からベイビーシャークが見えることもあります。

f:id:totorotabi:20160927001821j:image

 

まとめ

とにかく、初めてのモルディブ旅行はわからないことだらけで手探りでしたが、そもそもモルディブは『何もしない』ことを満喫するリゾート。海を眺めたり、魚と戯れたり、島の中のお花や緑を眺めたり…自然豊かな環境で、時間に縛られることなく、ゆっくりと一日一日を楽しむことが、何よりの贅沢だと教えてもらいました。

 

次回は2度目のモルディブ、メドゥフシの記憶を辿ってみます。

totorotabi.hatenablog.com

 

totorotabi.hatenablog.com