湊川神社〜病気平癒祈願のご利益@神戸

2017年5月、大切な家族が入院していたので、なんとか力になれないか考えて、関西圏で病気平癒のご利益がある神社を探しました。

 

大阪の石切神社もすごく有名そうでしたが、東大阪は少し遠かったので

神戸の湊川神社に行くことにしました。

 

f:id:totorotabi:20170529173614j:plain

 

神戸では有名な神社ですが、学生時代から、神戸=生田神社のイメージが強く

参拝したのは多分今回が初めて。

(生田神社は三宮駅から徒歩で行ける利便性の高さが魅力だったんだと思います…。)

 

湊川神社へのアクセスは、三宮駅から1〜2駅の

阪急高速神戸駅、JR神戸駅、地下鉄大倉山駅から徒歩。

 f:id:totorotabi:20170711204834j:plain

 

私はいつも、阪急神戸本線 高速神戸駅で最後尾の東出口で下車、改札口を出て左側、一番奥にある階段を上ります。

f:id:totorotabi:20170711204949j:plain

 

階段を上ると、左手にどーん!と湊川神社の門が立っています。

f:id:totorotabi:20170711205138j:plain

 

 湊川神社は明治5年(1872年)5月24日に創建された歴史ある神社で南北朝時代に活躍した武将、楠木正成公を祀る神社で、『楠公さん』と地元では呼ばれています。

 f:id:totorotabi:20170918075629j:plain

f:id:totorotabi:20170918075715j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918075802j:plain

 

 

f:id:totorotabi:20170918080026j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918075854j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918075936j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918080112j:plain

 

心身ともにいっぱいいっぱいだった3週間、毎日欠かさず通いお参りをする事で、清々しい気分にもなれたし心の拠り所になってくれた湊川神社

 

そんなに大きな敷地ではありませんが、街中に佇む緑に囲まれた神聖な空間を通ると、自分自身が少し浄化された気分になれます。

f:id:totorotabi:20170918080651j:plain

 

特に、手術の日は早朝から快晴で、澄み渡った青空と爽やかな風が、『大丈夫だよ』って自分の背中をおしてくれているようにすら感じました。

f:id:totorotabi:20170918080434j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918080518j:plain 

f:id:totorotabi:20170918080606j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918080834j:plain

 

少なくても1日1回、多い時には朝昼晩と通いましたが、いつ行っても参拝客がいて、でも参拝客の人数も多すぎず静かで静粛な雰囲気で、地域に長く愛されている神社なんだなと感じました。

 

週末の朝に通ると巫女さんが境内のお掃除をしてて爽やかな気分にしてくれたり

f:id:totorotabi:20170918081227j:plain

 

結婚式に遭遇して幸せ気分のお裾分けを頂いたり

f:id:totorotabi:20170918083637j:plain

 

気付けば大好きな神社になっていました。

 

楠公さんのお陰もあって、家族は順調に回復に向かい、予想以上のスピードで退院。

 

退院後、初めて一緒に外出した先は、もちろん楠公さん。この日もお天気が良くて最高の気分で御礼参りができました。

f:id:totorotabi:20170918081922j:plain

 

御礼参りのついでに…

もう一つの目的、しあわせ守を購入。

 

f:id:totorotabi:20170918082214j:plain

 

f:id:totorotabi:20170918082333j:plain

 

ネットで仕入れた情報ですが(笑)湊川神社のしあわせ守は可愛いくて有名だと知り、実際に社務所でチェックしてみたら、ピンクの花束が本当に可愛いかったので、回復したら一緒に参拝して買おうと心に決めていました。

 

そして、久しぶりの御朱印獲得!

 

f:id:totorotabi:20170918082715j:plain

 

これにてミッションコンプリートです。

 

2017年春は、想定外の事が連続して起こり、本当に驚きと不安でいっぱいでしたが、湊川神社が私の心の支えになってくれて、本当に救われました。

 

病気平癒のお参りに、関西でオススメしたい神社です。

 

京都の休日②伏見稲荷神社でお花見?

東寺でお花見と三色団子を満喫し、京都タワーの麓で和食ランチを堪能した後は、第2の目的地、伏見稲荷へ。

外国人観光客が選ぶ日本の観光地ランキングで1位にも選ばれている伏見稲荷大社は、全国に3万くらいある稲荷神社の総本社。映画SAYURIで世界的に有名になったそうです。

 f:id:totorotabi:20170505204723j:image

なかでも朱色の鳥居が山の頂上に向かって連なる『千本鳥居』は余りにも有名で、その厳かで神秘的な雰囲気に惹かれてしまいます。


JR京都駅から伏見稲荷の入り口、稲荷駅へはJR奈良線奈良行きでわずか2駅、5分。

f:id:totorotabi:20170505204142j:image

電車が動き出したと思ったら、もう到着!

『もう少し電車に座って揺られたかったな』と思っちゃうくらいの早さでした(笑)

平日の14時過ぎに稲荷駅に到着したら、駅も稲荷大社も沢山の観光客でいっぱいでした。

 f:id:totorotabi:20170505203858j:image


稲荷駅の前の道路を渡ったら、そこが伏見稲荷大社の入り口。

まさに『駅直結』レベルでした。

  f:id:totorotabi:20170505203907j:image


私達が行った4月中旬は、まさに京都の桜が満開でお花見シーズン真っ只中。

伏見稲荷の桜にも期待しつつ向かうと、入り口から桜と狐を発見。

 f:id:totorotabi:20170505201325j:image

伏見稲荷を歩き始めると、稲荷大神様のお使いである白狐が、いたるところにいます。

f:id:totorotabi:20170505201350j:image

f:id:totorotabi:20170505201408j:image

f:id:totorotabi:20170505201422j:image


入り口で少し桜の花を眺めてから、いよいよ朱色の鳥居をくぐり始めます。

f:id:totorotabi:20170505201439j:image

f:id:totorotabi:20170505201459j:image

f:id:totorotabi:20170505203930j:image

たまに白狐に見守られながら…

f:id:totorotabi:20170505201545j:image

何処までも続く鳥居

f:id:totorotabi:20170505201603j:image

何処までもどこまでも…

f:id:totorotabi:20170505201619j:image

階段を登っても…

f:id:totorotabi:20170505201634j:image

まだまだ朱色の鳥居…

f:id:totorotabi:20170505201651j:image


今日のそもそもの目的は京都の桜。

『桜まだかな〜』と言いながら登るけど、全然桜が現れる気配がなく、

登り道の合間にある茶店のおばちゃんに聞いてみても

『桜が咲いてるかなんか分からんわ〜これより上におばちゃんら登ることないから』と言われ、

とうとう下山者からヒアリング(笑)


『少し先に花が咲いてるよ』と言われた言葉の通り、

山の中腹でお目当て(?)の景色に辿り着くことができたので、Uターンして下山することにしました。

f:id:totorotabi:20170505201721j:image


帰り道、下山途中で見つけたお店で木製のスプーンを購入。

こういうの、おじちゃんから一生懸命説明されちゃうと、ついつい買ってしまうのです…

 f:id:totorotabi:20170505205134j:image

f:id:totorotabi:20170505205150j:image


稲荷駅に戻ったら夕方の16:30。

それでもまだまだ観光客がいました。

f:id:totorotabi:20170505205205j:image


駅のホームに入ると、横を流れる川沿いに満開の桜が見えました。

f:id:totorotabi:20170505205247j:image


ちょっとカメラをひいてみると…

f:id:totorotabi:20170505205315j:image


朱色の柵!!!

やっぱり伏見稲荷カラーに統一したのでしょうか。


ただただ事前のリサーチ不足ではありますが(笑)

どうやら伏見稲荷は桜の名所ではなかったようです…


私たちは山頂まで登らず途中で断念したのですが、最初と最後には桜も満喫出来たし、

何より千本鳥居の幻想的な雰囲気を味わえて、マイナスイオン溢れる山道歩きに

心も洗われた気分でリフレッシュ出来たし、大満足の京都の休日でした。

京都の休日①五重の塔と桜〜お花見@東寺

4月の平日、友達とお休みを合わせて取って、京都へ。

本当は有馬温泉の薔薇風呂に入りたかったけど、残念ながら薔薇風呂は水曜日限定サービスで、お休みを合わせて取れたのは木曜日。ちょうど今年は桜の見頃が長かったので、急遽予定を変更して京都にお花見に行くことにしました。

 

f:id:totorotabi:20170413174416j:plain

 

JR大阪駅で待ち合わせして、京都に向かう新快速の中で、車窓の桜景色に感動しながら、ふんわりと今日の予定を計画。ふんわりと…と言いながらも、行き先の相談以外の話で盛り上がっている間に京都駅に到着。結局、同僚にオススメしてもらった、京都駅から徒歩圏内の東寺に行くことにしました。

 

東寺は京都駅の南西に位置するお寺で徒歩わずか15分。

f:id:totorotabi:20170504181901j:image

喋りながら歩いていたらすぐに到着しました。

 

到着するなり、五重の塔とピンクの桜、空の青に心を奪われて、写真を撮りまくってしまいました。

 f:id:totorotabi:20170504181302j:image

f:id:totorotabi:20170504181314j:image

ちょっと葉桜になりかけですが、お天気が良くて本当に綺麗な景色でした。

 

拝観料が必要なエリアとの境目にある柵越しに桜を眺め、写真を撮り、入ろうかどうしようかと迷っていたら、着物を着た女子達が通過。 

 

『やっぱり着物で京都っていいよね〜』

『ちょっと真似してやってみよか?』と一瞬、2人で盛り上がってスマホで『京都』×『着物』検索をしてみたけど、最寄りの着物レンタル屋さんは、さっき出てきたばかりの京都駅周辺で、着付けにも1時間はかかるし、駅に戻って着物着て、また15分歩いて東寺に来て…とすると、それだけで半日潰しちゃう事が判明したので、あっさり断念。


やっぱり京都に来るなら、もう少し来る前からちゃんと計画して来なきゃね、と当たり前の事実を確認しあい、とりあえず中に入ってみる事にしました。

拝観料500円を払って中に入ると、桜の花がプルンプルンで、めちゃくちゃ綺麗。

f:id:totorotabi:20170504173042j:image 

f:id:totorotabi:20170504173105j:image

f:id:totorotabi:20170504173127j:image

f:id:totorotabi:20170504173149j:image

順路に沿って桜の写真を撮りまくりながら、歩いていると塔が見えてきました!

f:id:totorotabi:20170504173221j:image

f:id:totorotabi:20170504173247j:image

f:id:totorotabi:20170504173309j:image

桜と塔。完璧すぎる組み合わせです。

皆が桜の前で写真撮影をしているので、

 

『せっかくだから撮ってもらおうよ』

『どうせだったら、写真撮るのが上手そうな人にお願いしたいよね』

『じゃあやっぱり本気のカメラ持ってる人かな』

 

と、写真撮影が大好きそうで、大きな高級カメラをさげているオジちゃま方を探してみたけど、そんな時に限って、人がいない…

結局、そこそこ大きなカメラの老夫婦にお願いして、写真を撮って頂きました。

f:id:totorotabi:20170504173415j:image

f:id:totorotabi:20170504173435j:image

f:id:totorotabi:20170504173457j:image

f:id:totorotabi:20170504173523j:image


あらゆる角度で桜と塔の写真を撮りまくった後、茶店でティータイム。

…『ティータイム』って横文字は似合わない雰囲気ですが(笑)

f:id:totorotabi:20170504173550j:image

茶道を嗜んでいた大和撫子な友達は、お抹茶を注文。

私は…お抹茶が飲めないので、ほうじ茶がちょうどいいんです。

f:id:totorotabi:20170504173811j:image

平日のお昼前に、大好きな友達と一緒に、五重の塔と桜を眺めながら三色団子を食べる幸せ…

f:id:totorotabi:20170504174143j:image

しっかりと噛みしめて満喫しました!


ちなみに、お花見の時に食べる三色団子の色は、

ピンクは『桜の花びら』、白は『残雪やお酒』、緑は『芽吹いた緑やよもぎ』

三色で『春を表している』という説もあれば、


ピンクは『桜色で春』、白は『白酒で冬』、緑は『草木で夏』、

『秋がない』→『飽きないおやつ』という説もあるらしいです…。


どっちの説も好きですが、そんな事よりお団子が美味しくて桜が綺麗でとにかく大満足!

食後は桜の見納めに…と、再度園内を一周して、写真を撮りまくりました。


f:id:totorotabi:20170504174923j:image

f:id:totorotabi:20170504174943j:image

f:id:totorotabi:20170504175002j:image

f:id:totorotabi:20170504175020j:image

f:id:totorotabi:20170504175038j:image

f:id:totorotabi:20170504175054j:image

f:id:totorotabi:20170504175113j:image

f:id:totorotabi:20170504175133j:image

 

ひとしきり桜と塔を見尽くして満足した後は、JR京都駅まで約15分歩いて戻り、ランチするレストラン探しをスタート。


私達の悪い癖で、ランチも当然ながら事前リサーチとゼロ(笑)

『駅ビルでイタリアンパスタとかは避けたいよね〜』とか言いながらスマホで必死に検索。


そしたら!

駅前でちょうどいい感じの和食屋さんを見つけたので、そこに行く事に決定!!!


お店についたのが13時過ぎだったからか、すごく空いていてラッキー♡

やっぱり和食屋さんの畳に座ると落ち着きます。

f:id:totorotabi:20170504175813j:image


注文したのはランチの定食。優しいお味でした。

f:id:totorotabi:20170504175844j:image


お店の前には、京野菜がずらりと並んでて、やっぱり駅ビルのイタリアンとかにせず、京都っぽい和食屋さんを選んで大正解だったね!と、大満足しました。

f:id:totorotabi:20170504175908j:image


お腹が満たされたので、食後は次の目的地、伏見稲荷に向かいました。



 

夙川の桜〜開花状況&お散歩日記

4月の上旬、桜が咲く1週間は、一年で一番好きな季節。

『日本人で良かったぁ〜』って心から思える瞬間が、満開の桜並木の下を歩いたり、ベンチに座ってボーっと桜を眺めている時です。

 

私にとっての桜は、夙川(兵庫県西宮市)の桜並木。

f:id:totorotabi:20170505212121j:image

 

関西の桜ランキングで2位とか3位とかに入ることもある、夙川の桜を堪能しないと新年度を迎えられないくらい、なくてはならないものになってしまいました。
今年は桜の見頃が長くて、何度も夙川に足を運べたので大満足。

4月6日(木)朝


出勤前に友達と待ち合わせして、苦楽園口へ。
まだ満開じゃないけど、朝の時間帯は人も少なくゆっくりと桜を楽しめました。

  

f:id:totorotabi:20170415180659j:plain

 

f:id:totorotabi:20170415182137j:plain

 

f:id:totorotabi:20170415182317j:plain

 

 

4月9日(日)午後

家族でお花見散歩。

お決まりコースは、苦楽園口よりも上流の、苦楽園と甲陽園の間から土手におりて、

桜並木を眺めながら川沿いをゆっくり夙川駅まで散歩するコース。

 

f:id:totorotabi:20170415183856j:plain

ほぼ満開だったこの日曜日の午後は家族連れやグループでお花見に来ている人も多く、すごく賑わっていました。

 

f:id:totorotabi:20170415184012j:plain

f:id:totorotabi:20170415184126j:plain

 

飛び石に立って川の中央から桜の写真を撮影するのが大人気。

f:id:totorotabi:20170416233710j:plain

 

…ということで、私も同じ写真を撮ってみました(笑)

f:id:totorotabi:20170415184417j:plain

 

4月10日(月)

少しだけ早起きが出来たから、『桜を見に行こう!』とベッドの中で思い立ち、大急ぎで身支度。朝ご飯は川沿いのベンチで食べることにして時間短縮(笑)

 

本当は苦楽園口の方が好きだけど、電車の乗り換え時間を省いて少しでも桜をゆっくり眺めたいから夙川駅で降りて川沿いへ。

f:id:totorotabi:20170416233636j:plain

一番駅に近いベンチを狙っていったら既に先客が…

ワンちゃんの散歩途中に休憩していたマダムに『お隣いいですか?』と声をかけて座らせてもらい、朝ご飯に持ってきたパンを食べながら桜を眺めてほっこり。

『やっぱり苦楽園口の方が桜が多いですよね』とか『昔に比べたら桜が減った気がしますよね』とか、マダムと少しお話しながら、すごく穏やかな朝の時間を過ごしました。

 

前日の日曜の混雑が嘘みたいに静かな夙川は、犬のお散歩や、出勤前に花見をしながら川沿いを歩く地元の方々とたまにすれ違う程度で、穏やかな空気が流れていました

 

 

4月14日(金)朝

Facebookで桜の見頃が続いてる知り、出勤前に苦楽園口へ。

滞在時間は約20分(笑)それでも行っちゃう私…

今回は、東寺&伏見稲荷に行った翌日だったので、ちゃんとカメラを持って行きました。

 

阪急神戸線で夙川駅まで来たら、甲陽園行きに乗り換えて1駅。

苦楽園口で下車します。

 

f:id:totorotabi:20170415184458j:plain

苦楽園口駅前の橋の上。

マルーン色の阪急電車が行き来しています。

f:id:totorotabi:20170415085132j:image

f:id:totorotabi:20170415085241j:image

この橋の上が、今も昔もお決まりの写真スポット。

これは海側(夙川駅側)の景色。

f:id:totorotabi:20170415085302j:image

f:id:totorotabi:20170415085320j:image

f:id:totorotabi:20170415085344j:image

橋の上から、山側(甲陽園側)の景色

f:id:totorotabi:20170415084723j:image

 

f:id:totorotabi:20170415084750j:image

 

階段を降りて土手へ。

f:id:totorotabi:20170415084811j:image

f:id:totorotabi:20170415084831j:image

 

いつも、このベンチに座ってお菓子を食べたり、ボーっとします。

f:id:totorotabi:20170415084921j:image

 

やっぱり桜+川って最強の組み合わせ!

水の音、風で揺れる枝の音、全てが癒し系で、心がリセットされます。

f:id:totorotabi:20170415084956j:image

f:id:totorotabi:20170415085011j:image

f:id:totorotabi:20170415085030j:image

f:id:totorotabi:20170415085043j:image

 

ひとしきり、苦楽園口付近の桜を堪能して

帰り際、最近マイブームで焼いてるクッキーと桜で記念撮影。

f:id:totorotabi:20170415085101j:image

あっ!!!

これは唯一の失敗クッキーやった…

キティちゃんのお口がないやん(涙)

 

…ってことで、撮り直し。

こっちが本物のキティちゃんクッキー

f:id:totorotabi:20170415085113j:image

 

そんなこんなで、出勤前の弾丸お花見は終了して、とうとう桜とお別れです…

苦楽園口のホームから、最後の悪あがきで、桜を堪能(笑)

f:id:totorotabi:20170415090839j:image

 

苦楽園口から一駅、夙川で阪急神戸線に乗り換え。

夙川駅のホームでも、懲りずに桜を堪能(笑)

 

f:id:totorotabi:20170415184839j:plain

 

電車に乗ってから、最後の1枚(笑)

f:id:totorotabi:20170415184937j:plain

出勤前の20分とは思えない、充実したお花見タイムでした。

日帰り有馬温泉〜展望大浴場+ランチプラン@有馬グランドホテル

1月末に、有馬温泉に行きました。
 
有馬温泉は日本三名泉・日本三古泉の一つ。近すぎて滅多に来ないけど、実は有名な温泉地なんですよね。
 
ちなみに…『日本三名泉』は有馬温泉/兵庫、草津温泉/群馬、下呂温泉/岐阜、
『日本三古泉』は有馬温泉/兵庫、道後温泉/愛媛、白浜温泉/和歌山。
 
達が行ってきたのは、有馬グランドホテル。1963年からある老舗ホテルです。
f:id:totorotabi:20170122213228j:image
 
宿泊すると1泊3万円くらいはする高級なホテルでも日帰り温泉ならかなりリーズナブルに楽しめます。
有馬グランドホテルの日帰り温泉プランは、地下2階の大浴場と9階の展望大浴場、ランチがセットになって6800円(日曜日)。
 
この日帰りプランは昨年から母や妹がリピーターになって大絶賛だったので、真似して来てみました(笑)
f:id:totorotabi:20170122213450j:image
 
10:40頃にフロントでチェックイン&お支払いして、お食事とお風呂のチケットを受取ります。
 
『9階の展望大浴場はお掃除中なので、よろしければ地下2階の大浴場にお進み下さい。』と案内され、地下の大浴場に。
地下2階と言っても、グランドホテルが高台にあるので、普通に外の景色も楽しめる明るい浴場でした。
 
有馬温泉で有名なのは、金泉&銀泉。
特に赤茶色の金泉が有名で、効能は色々あるようですが、今の私には冷え性、疲労回復が有難いと思いました。そういえば昔、子供の頃に家族で有馬温泉に来た時にタオルを落として茶色に染めてしまった記憶があります…。
 
お風呂あがりに待ち合わせができる湯上り処では、お茶も飲めます。
f:id:totorotabi:20170123081458j:image
 
ランチの開始時間に合わせてお風呂をあがったので、12時過ぎに2階のパーティールームに向かいました。
f:id:totorotabi:20170123081818j:image
 
お食事は和食でお寿司や茶碗蒸し、お造り等が入ったお弁当。数の子もあって、お正月気分を味わえました。
 
そして、お鍋。
f:id:totorotabi:20170123082109j:image

お鍋を食べた後は、セルフ雑炊を楽しめます。

f:id:totorotabi:20170123082202j:image
f:id:totorotabi:20170123082214j:image
 
完成!
f:id:totorotabi:20170123082236j:image
 
食後のフルーツ&ミルクティー
(本当はデミコーヒーですが珈琲飲めないので紅茶をオーダー)
f:id:totorotabi:20170123082410j:image
 

窓からはプールの噴水が楽しめます。

食事中、雪が降った瞬間があって、お子さん達がはしゃいでました。
f:id:totorotabi:20170123082507j:image
 
食後は9階の展望大浴場へ。
f:id:totorotabi:20170123082537j:image
 

浴室は写真が撮れないので残念ですが、広々としていて、有馬温泉の景色が綺麗な浴場でした。

ちょうど露天風呂に入っている時に雪が降り出し、風も強くて徐々に吹雪いてきました。視界が真っ白になったときは東北かどこか遠方の温泉地に来たような気分になりました。吹雪の中で露天風呂なんて、関西では滅多にできない経験に大満足!
 
9階も湯上り処で待ち合わせができます。
f:id:totorotabi:20170123082942j:image
うっすらと雪…見えますかね…?
ここでは梅ジュースを飲みながら待ちました。黒豆茶もあったので、遠方から来た方は丹波黒豆茶を飲んだりするのかなと思いました。
f:id:totorotabi:20170123083005j:image
 
ホテルの至る所にあるバラ風呂の案内に、ついつい目を奪われてしまいます。以前、宝塚のホテル若水に母と行って薔薇風呂を経験しましたが、有馬温泉での薔薇風呂は、さらにリッチな気分に浸れそうです。
f:id:totorotabi:20170123083213j:image
次は友達と一緒に水曜日にお休みを取って来よう‼︎と思いました。
 
最後は、1階ロビー&お庭へ。
ロビーからみた庭園。
ちょっとだけ、足立美術館を思い出しました。
f:id:totorotabi:20170123083421j:image
 
ランチしたレストラン&プールの噴水
f:id:totorotabi:20170123083527j:image
f:id:totorotabi:20170123083557j:image
 
ロビー側のお庭
f:id:totorotabi:20170123083625j:image
f:id:totorotabi:20170123083653j:image
 
ロビーはチェックインのお客さんで賑わってました。
f:id:totorotabi:20170123083712j:image
 
15時過ぎにグランドホテルを出て、西宮方面へ向かう途中のカフェに立ち寄り、ソフトクリームを食べました。
 
少し前から気になっていたカフェ
f:id:totorotabi:20170123083910j:image
f:id:totorotabi:20170123083916j:image
 
待望のソフトクリーム
濃厚なバニラが美味しかったです!
f:id:totorotabi:20170123084007j:image
 
手作りにこだわったお店でケーキやクッキーも並んでました。
f:id:totorotabi:20170123084049j:image
 
次はランチに来たいなと思いました。
本当はお腹がもう少しすいていたら、このお店の奥にあるザ・テラスに行きアップルパイを食べたかったのですが…
 
有馬グランドホテルの日帰りプランは、かなりリーズナブルで大満足だったので、次回はザ・テラスとセットで来たいです。
 
 
 
 

 
 
 
 

リッツカールトン大阪 ストロベリーディナーブッフェ

 

大阪で大人気のリッツカールトン ストロベリーブッフェに行ってきました。

f:id:totorotabi:20170211204426j:image
 
大阪はこの季節になるとストロベリーブッフェがすごく人気で東京よりも多い8箇所のホテルで現在開催中のようです。
 
去年もリッツのストロベリーブッフェに行こう行こうと思いつつ、気付けば満席で予約が取れなくて断念したので、1年越しの希望が叶った気分です。
 
夜19時の予約で、まずはストロベリーディナーコースを堪能。全てのお料理に苺がアレンジされています。
 
f:id:totorotabi:20170211204526j:image
まず最初はマグロのカルパッチョ&ルッコラ、パルミジャーノレッジャーノ、苺
f:id:totorotabi:20170211204508j:image
 
次が濃厚コーンポタージュ
f:id:totorotabi:20170211204647j:image
 
そして苺のリゾット
f:id:totorotabi:20170211204705j:image
これ、リゾットの中にも温かくて柔らか~い苺の果実が入ってて、上にフレッシュな苺が乗ってるのですが、温度と柔らかさの異なる苺が味わえてすごく美味しかったです!
f:id:totorotabi:20170211204815j:image
 
そしてメインのポーク
f:id:totorotabi:20170211214054j:image
f:id:totorotabi:20170211214106j:image
ストロベリーディナーコースは、通常のコース料理より量が少し少なめかなと思いましたが、ここでお腹いっぱいになるわけにはいきません!!
 
とうとう、私のメインイベント、ストロベリーブッフェへ
f:id:totorotabi:20170211214138j:image
 
1回戦
f:id:totorotabi:20170211214216j:image
このビビッドなブルーのマフィン、クリームの下に大きい苺が隠れてます。その下には苺のマフィン
f:id:totorotabi:20170211214323j:image
 
ペロっと食べて2回戦へ
f:id:totorotabi:20170211214352j:image
f:id:totorotabi:20170211214402j:image
f:id:totorotabi:20170211214411j:image
 
2回戦は、まさかの写真撮り忘れでしたが、苺チョコフォンデュとガトーショコラを食べました。
 
そしてラストの3回戦
f:id:totorotabi:20170211214516j:image

これこれ、苺のお寿司!

先日、TVでも見ました(笑)
f:id:totorotabi:20170211214534j:image
まさにリッツカールトンでしか味わえないお寿司でした。
 
f:id:totorotabi:20170211234046j:image
待望のストロベリービュッフェ@リッツカールトンは、全部が美味しくて大満足でした。来年もデザートだけじゃなくて、ディナーとセットで食べに来たいです!

イタリア旅行 物価とお土産

 

年末年始の5泊8日を満喫したイタリア旅行(ヴェネツィア2泊&ローマ3泊の旅)。全体的に日本と比べると物価は高めだと感じましたが、お買い物も含めて使ったお金はほぼ食費&観光でした。

 
出発日の12月27日、関空で両替をすると10万円が800ユーロになりました。(1ユーロ=125円)
 
 

交通

ヴェネツィアでは空港からシーバスで移動しました。1人15ユーロ
それ以外は基本的に全て歩きで町中を散策しました。
f:id:totorotabi:20170206003211j:image
 
ローマでは、ローマパスを購入。 
(1人38〜39ユーロくらい)
f:id:totorotabi:20170206003108j:image
これで地下鉄、バスに乗れるので市内観光にかなり便利でした。72時間パスは最初に入る2箇所の観光地も無料になるので、コロッセオもほぼ並ばず無料で入れました。
f:id:totorotabi:20170206221731j:image
 
そして帰国日はホテルからタクシーで空港へ。
f:id:totorotabi:20170206003034j:image
帰国前日にホテルフロントに予約してもらって45ユーロ。スペイン広場近くのホテルから空港までは30〜40分程度でした。
 

レストラン

ヴェネツィアで最初に入ったレストランは地元のご夫婦が切り盛りしてるAI BARI
 
マルゲリータ(4.8ユーロ)
f:id:totorotabi:20170206003307j:image
 
ミートラザニア(7ユーロ)
f:id:totorotabi:20170206003336j:image
比較的リーズナブルなお店で、コーラ&水も入れて20ユーロくらいでした。
 
TRATTORIA DA GIOGIO
f:id:totorotabi:20170206003456j:image
f:id:totorotabi:20170206003420j:image
カルボナーラスパゲッティ(8ユーロ)
ポルチーニ茸のタリオリーニ(9ユーロ)
こちらもヴェネツィアの中でカジュアルかつリーズナブルなお店だったと思います。私がオーダーしたパスタはポルチーニ茸がゴロゴロ入っていて、すごく美味しかったです。パスタも食べきれないくらいのボリュームでコストパフォーマンスは満点でした。
 
Caffe del Dogeは食後のお茶にちょうどいいお店でした。ただし19:30閉店だったので、早めにお店に入らないと夕食後はすぐに閉まっちゃいます。
f:id:totorotabi:20170206003655j:image
f:id:totorotabi:20170206003535j:image
f:id:totorotabi:20170206003608j:image
パフェ( 6ユーロ)
カプチーノ(3.2ユーロ)
 
 
ローマ最初の夕食は、一番行きたかったレストラン、LA CARBONARA
 
イタリア人が一番美味しいと評判のカルボナーラです。
f:id:totorotabi:20170206003747j:image
f:id:totorotabi:20170206003812j:image
 
ローマのスペイン広場近くにあったレストラン、Ciampini。常に地元のお客さんで満席でした。
f:id:totorotabi:20170206003837j:image
 
美味しすぎて2回食べたマルゲリータ
f:id:totorotabi:20170206003900j:image
 
デザートも全て美味しかったです。
f:id:totorotabi:20170206003926j:image
f:id:totorotabi:20170206003945j:image
 
1回目に売り切れで食べれなかったベリータルト。2回目は昼前に行ったので無事食べれました!
f:id:totorotabi:20170206004000j:image
f:id:totorotabi:20170206004030j:image
 

観光地&美術館

 
ヴェネツィアで一番最初に行ったのはモチェニゴ博物館。(8ユーロ)
f:id:totorotabi:20170207223630j:image
f:id:totorotabi:20170207223647j:image
 
モチェニゴの次に行ったのが、アカデミア(12ユーロ)チケットまでお洒落です!
f:id:totorotabi:20170207223701j:image
f:id:totorotabi:20170207223712j:image
 
ローマに移動してから行ったのは、バチカン美術館。チケットは16ユーロだけど、大晦日に行ったのでツアーに参加しました。(ツアーは1人50ユーロ)
f:id:totorotabi:20170207223722j:image
f:id:totorotabi:20170207223730j:image
 
元旦に行ったのは、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂の展望台(7ユーロ)
f:id:totorotabi:20170207223741j:image
 
バチカンコロッセオパンテオンローマ市内が一望できて、登った価値がありました!主要観光地を巡った後に展望台から全体を見渡すことが出来たので、尚更良かったのかもしれません。
 

お土産

ヴェネツィア&ローマで爆買いしたカレンダー&ブックマーク。(1〜5ユーロ)
ちょうど年末年始の旅行だったので、お土産にピッタリでした。
f:id:totorotabi:20170206002616j:image
 
食材はコープさんで。
お土産と自宅用が混在してます…。
f:id:totorotabi:20170206002644j:image
 
キッチンタオルも大量購入。
趣味の如く買ってしまいました。
これは姉妹&親友へのお土産分。
f:id:totorotabi:20170206002711j:image
 

自宅用のお土産

スーツケースに空きがあればもっと大量に買いたかった食材達。
f:id:totorotabi:20170206002728j:image
マッシュルーム&トリュフ ソース (14.9ユーロ)
リモンチェッロ (7〜11ユーロ)
f:id:totorotabi:20170208073034j:image
この中でも特にパルミジャーノレッジャーノとトリュフソースがお気に入りです。
 
もはや趣味のようにチェックして買ったキッチンタオル。自宅用は、ヴェネツィア&ローマの観光地が描かれたものとリモンチェッロのレシピが描かれたもの。
f:id:totorotabi:20170206002913j:image
f:id:totorotabi:20170206002931j:image
f:id:totorotabi:20170206002948j:image
 
最後に。ヴェネツィアで買ったヴェネツィアガラスのパーツと、ローマの教会で買ったメダイ。
f:id:totorotabi:20170206004947j:image
 

イタリアの想い出を堪能

ちなみに…
自宅用アイテムは帰国後の週末、『リモンチェッロの会』と題したランチで活躍しました。
f:id:totorotabi:20170206081930j:image
ローマで買ったリモンチェッロ
リモンチェッロのキッチンタオル
トリュフペースト&クラッカー
パスタ&チーズ…全て総出です。
 
f:id:totorotabi:20170206081952j:image
このトリュフペーストが最高に美味しくて、パクパク食べてしまいます。
 
f:id:totorotabi:20170206082427j:image
そして朝食にイタリア発祥のヌテラ
食べ過ぎてもうなくなりそうなので寂しいです…。日本で売られてるヌテラはオーストラリア産で、本場イタリア産の方が美味しいらしいのです。こればっかりは並べて食べ比べしてみないとわからないので、成城石井で買ってこようかな…と思っています。
 
そして、ヴェネツィア&ローマで買ったパーツはアクセサリーに。f:id:totorotabi:20170207085148j:image
ヴェネツィアガラスの綺麗な発色に惚れてしまいます。ブルーのピアスはちょっと夏っぽい気もするけど…これでしばらくはイタリアの想い出に浸れそうです。